【初心者必見!】バスケットボールのポジションと役割を徹底解説

バスケ
記事の内容
・バスケットボールにはどんなポジションがあるのか
・バスケットボールにはポジションによってどんな役割があるのか
・最新のポジションの概念

 

こんにちは。

清水太一です。

バスケットボールにはサッカーや野球のようにポジションが存在します。

今回はポジションの紹介とポジションの役割、そしてポジションの役割が近年変化してきているので変化について解説していきます。

 

バスケットボールのポジション

バスケットボールのポジションは大きく分けて5つあります。

PG(ポイントガード)
SG(シューティングガード)
SF(スモールフォワード
PF(パワーフォワード)
C(センター)

また日本ではポジションを数字で表すことがあります。

試合中に解説やコーチが数字でポジションをいうことがありますが、背番号ではなくポジションの番号なので間違えないようにしましょう。

1番:PG(ポイントガード)
2番:SG(シューティングガード)
3番:SF(スモールフォワード)
4番:PF(パワーフォワード)
5番:C(センター)

試合中にバスケットボールは全員でオフェンスもデイフェンスも行うのでサッカーや野球のように基本的に同じ場所にいる訳ではないです。

しかしオフェンス時はゴールに近いところに多くいるポジション遠いところにいることが多いポジションがあるため、選手紹介の際にはポジション表記としてコートには図のように紹介されます。

 

アウトサイドポジション
1番:PG(ポイントガード)
2番:SG(シューティングガード)
3番:SF(スモールフォワード)

主にゴールから離れた場所でプレーします。

インサイドポジション
4番:PF(パワーフォワード)
5番:C(センター)

主にゴールの近い場所でプレーします。

1番:PG(ポイントガード)の役割

このポジションでは以前はフロントコートへボールを運び、パスを散らすことが求められていました。

変化

しかし近年のPG(ポイントガード)の役割はボールを運ぶだけでなく自ら得点をとりにいくことができるプレイヤーの評価も上がりつつあります。

1番ポジションで求められる役割
・チームメイトのコントロール
・ペースのコントロール
・オフェンス時のセットの指示
・アウトサイドのシュート力
・ドライブからのフィニッシュ力とキックアウト
・ボールをフロントコートへ運ぶ
など
1番:PG(ポイントガード)で有名な選手
NBA:クリスポール、ルカドンチッチ
Bリーグ:田臥勇太、富樫勇樹、河村勇輝
スラムダンク:宮城

2番:SG(シューティングガード)の役割

このポジションではポイントガードよりも得点を狙えることが求められます。

しかしNBAで見るとシューターは2番ポジションとして捉えることができますがハーデンやブッカーは1番ポジションとほぼ変わらないように感じます。

2番ポジションで求められる役割

・得点をとる

・1番ポジションのサポートをする

・アウトサイドのショット

など

2番:SG(シューティングガード)で有名な選手
NBA:マイケルジョーダン、ジェームズハーデン、デビンブッカー
Bリーグ:比江島慎、辻直人、田中大貴
スラムダンク:三井

3番:SF(スモールフォワード)

このポジションでは5つのポジションのなかで1番幅広い役割を担います。

3番:SF(スモールフォワード)で求められる役割

・得点をとる

・インサイド、アウトサイドともにプレーできる

など

3番:SF(スモールフォワード)で有名な選手
NBA:レブロンジェームス、カワイレナード、ポールジョージ
Bリーグ:張本天傑、今村佳太、チェンバースアキ
スラムダンク:流川

4番:PF(パワーフォワード)

このポジションはセンターよりは背が低いが動ける選手が多いです。

センターよりは広いエリアでのプレーが行えます。

4番:PF(パワーフォワード)で求められる役割

・ゴール近くからミッドレンジあたりのショット

・ポストアップ

・アシスト

・リバウンド

・ブロック

 

4番:PF(パワーフォワード)で有名な選手
NBA:ドレイモンドグリーン、アンソニーデイビス、パスカルシアカム
Bリーグ:アイラブラウン、竹内公輔、竹内譲次
スラムダンク:桜木

5番:C(センター)

このポジションは最も背が高く、ゴールの近くでプレーをする選手です。

5番:C(センター)ポジションで求められる役割

・ゴール近くのショット

・ポストアップ

・スクリーン

・ブロック

・リバウンド

・ハンドオフ

5番:C(センター)ポジションで有名な選手
NBA:ニコラヨキッチ、バムアデバヨ、デマーカスカズンズ
Bリーグ:大田敦也、シェーファーアヴィ幸樹
スラムダンク:ゴリ

最近のポジションの概念

NBAの有名選手は最初に紹介したポジションで求められること以上にプレーしていることがわかります。

現にセンターポジションとして紹介したヨキッチはかつての表記であれば5番ポジションですがリングから離れたところでプレーをしますし、アシストでは現在リーグ3位の成績を残しています。

 

ポジションの概念は5アウトオフェンス(アウトサイドに5人を配置)などの流行によってなくなりつつあります。

身長がでかいからセンター、身長が低いからポイントガードという時代はすでに終わっています。

 

NBAオールスターではアウトサイドとインサイドという表記ではなくフロントコートとバックコートという分け方もしています。

バックコート陣
1番:PG(ポイントガード)
2番:SG(シューティングガード)
フロントコート陣
3番:SF(スモールフォワード)
4番:PF(パワーフォワード)
5番:C(センター)

NBAでのオールスター投票ではその方が投票しやすい理由もあるのかもしれませんが、アウトサイドとインサイドというポジション表記は現代的ではないです。

 

U15コーチとして

特に育成年代ではサイズがこれからどのように変わるかわからないためポジションを固定することは避けたいです。

U15世代までは幅広くゴールから離れたプレーも、ゴールの近くのプレーもできるようにポジションレスでプレーさせることは将来の役に立ちます。

特にミニバスで身長が高く、ゴールの近くで得点することだけに固執してきた選手は上のカテゴリーに行くにつれて苦労していく姿をよく見てきました。

インサイドでプレーすることが悪いとは言いません。

それだけの役割にならないようにコーチはプレーを制限しないようにしていくべきだと考えています。

 

まとめ

バスケットボールのポジションや役割について理解できたでしょうか?

今回紹介したのはポジションや役割はあくまで基本であって全てこなす選手もいますし、試合中にポジションや役割が変わる選手もいます。

バスケの会話をするならポジションについて意外と使う単語なのでぜひ覚えておきましょう!

 

最後まで読んんでいただきありがとうございました。

 

清水太一

プロバスケットボールコーチ
◆経歴
立野ミニバス→石神井西中学校→八王子高校→日本体育大学
◆現在
育成年代をメインにバスケットボール指導。動画編集やWeb制作の依頼も受けているのでお気軽にご連絡を!
TikTok1.4万人フォロワー!
Twitter、インスタ、YouTubeも要チェック!!

Follow Me !
バスケ初心者
スポンサーリンク
この記事をみんなにシェアする
Follow Me !
太一のバスケ部屋

コメント

  1. […] 【初心者必見!】バスケットボールのポジションと役割を徹底解説記事の内容 ・バスケットボールにはどんなポジションがあるのか ・バスケットボールにはポジションによってどんな […]

タイトルとURLをコピーしました