【マンツーマンディフェンスの基礎】ノーミドルディフェンス

コーチ

こんにちは。清水太一です。

今回はバスケットボールの基礎マンツーマンのノーミドルディフェンスを紹介していきます。

この記事を読むと
①マンツーマンの基礎を知れる
②コーチの場合ティーチングポイントがわかる
③選手の場合実行すべきポイントがわかる

マンツーマンディフェンス はチームによって様々なルールを設けていると思いますが基本となる5つのルールをまず理解しましょう。

ディフェンスのルール

ノーミドル

これは最も重要なルールで今回のディフェンスタイトルにもなっているところです。

相手がミドルラインの方向に侵入できないようにディフェンスはサイドライン、バースライン側へ方向付けをします。

オフェンスがトップの場合はサイドラインへ、ウィングの場合はベースラインへ誘導します。

理由は

真ん中へドライブされるとカバーの責任の所在が分かりづらい
ベースライン側だとカバー+ローテーションもわかりやすい
オフェンスはコートを広く使い選択肢が多い

などです。

逆サイドへ展開させない

オフェンスがボールを展開するほどディフェンスはポジションを変えたりすることでギャップができます。

2選のディナイをしている人は簡単に逆サイドへ展開されないようにしましょう。

2線はヘルプに行かない

前回の記事にあるパックラインディフェンスとの大きな違いですが、2線のディフェンスはパスを防ごうとしているのでヘルプにはいきません。

ベースライン側を抜かせて2線がヘルプへ行ってしまうと誰も助けることができません。

しかしミドル側を突破されたりイレギュラーな場面ではカバーをするように見せかけることはあります。

基本的にはカバーがない前提でつくためボールマンディフェンスが重要になります。

 

ジャンプトゥザボール

ボールを保持しているオフェンスがパスをした後、そのプレイヤーについていたディフェンスはボールに手を出しながらボールの方向へジャンプします。

これはパス&ランというシンプルなプレーを防ぐことができます。

この習慣は意外とついていなくて前をカットされることがあります。

 

ポジショニング

ボールが動いたりマークしている選手が動くとディフェンスのポジションは変わります。

この調整を怠るとヘルプに行くのが遅れたり、ボールサイドカットをされてしまったりします。

 

3つの役割

ノーミドルマンツーマンディフェンスには簡単に分けると3つの役割があります。

1線=ボールマン
2線=ディナイ
3線=ヘルプ

1線=ボールマンディフェンス

まずヘルプに頼らず守りましょう。

ヘルプがくる=ローテーションが起きるので極力一人で守れると良いです。

簡単にシュートを打たれないために片方の手で触れるくらいの間隔でマークします。

しかし抜かれてします場合もあるのでサイドとベースラインへ方向付けします。

方向付けのポイントとしては相手のミドル側に近い肩とゴールを結ぶラインに体の中心を置くと誘導しやすくなります。

2線=ディナイ

ディナイはボールマンの隣のポジションを守っている時に使用します。

パスをする人とマークしているオフェンスの間に片手と片足を入れて、間においた片手の肩越しにパスをする人を見ます。

体の向きは胸がマークマンに向くようにします。

理由はバックカットされた時にバックランだと追いつかないのであらかじめ横に移動できる体の向きをします。

パックラインディフェンスよりは攻撃的なディフェンスなのでディナイの存在は大切です。

 

3線=ヘルプ

ヘルプはボールが隣ではなくそれ以上離れている時にとるポジションです。

ピストルディフェンスとも言いますがマークしている選手とボールマンを指差すようにして守ります。

ポジションはパスがマークマンにとんでもカットor間に合うボールマンが抜かれてもヘルプに行けることが条件です。

首を振るというよりは両方の動きが見えるようにします。

U15コーチとして

 

どのように感じるのか

U15カテゴリーでは現在はゾーンディフェンスはできないので一番よく見るディフェンスシステムです。

しかし5つのルールを徹底できているチームは少ないように感じます。

 

また選手育成の観点で言えばヘルプがいる前提のチームと、自分で守り切らないといけないチームでは個の力は大きく変わるように思います。

選手は周りの人の影響を受けて育ちますのでこの場合コーチのディフェンスフィロソフィーが関係します。

チームの勝ちと個の育成という難しいお題ではありますが、個人的には年齢の低い場合にはヘルプがいなくても良いかなと思います。

まとめ

ノーミドルマンツーマンディフェンスはミニバスケらプロまで幅広い年代に使われています。

最初は難しいかもしれませんがコートにいるプレイヤー全員が5つのルールだけでも遂行できれば強固なディフェンスが完成します。

How Baylor's "No-Middle" Defense Has Them Ranked #1 in the Country

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました