オフボールスクリーン の種類と対応方法を解説!!【バスケットボール】

オフェンス

オフボールスクリーンの構成

ユーザー

スクリーンを使う人のことを「ユーザー」と言います。

ディフェンスの対応に応じて判断して動くので初心者には難しく感じます。

スクリナー

スクリーンをかける人のことを「スクリナー」と言います。

スクリーンをかける際は動くとファールになってしまいますので実は技術が必要です。

 

 

オンボールスクリーンであればスクリーンを使う「ユーザー」スクリーンをかける「スクリナー」の2人で構成されます。

しかしオフボールスクリーン の難しいところは「ユーザー」、「スクリナー」に加えてパスをする「パサー」が必要となります。

種類

ダウンスクリーン

ダウンスクリーン とはスクリナーがベースライン方向に移動してかけるスクリーンのことです。

一般的によく使われるスクリーンでシューターをオープンにするのに使われます

ピンダウン ともいうことがあります。

バックスクリーン

バックスクリーンとはスクリナーがハーフライン方向に移動してかけるスクリーンのことです。

主に裏へのスペースを狙います

スペースがない場合でも、高さの利点があれば有効です。

アップスクリーンとも言います。

フレアスクリーン

フレアスクリーンとはリングから離れるようにかけるスクリーンのことです。

こちらもシューターをオープンにするのに使われます

シュータとスクリナーのアフターの動き両方を抑えるのは難しいです。

ポイント

ユーザーのポイント

・ブラッシング

スクリナーとの間があるとファイトオーバーされてしまいスクリーンの効果がなくなってしまいます。

ギリギリを通りましょう。

・見る

ディフェンスがどのように対応しているかを肩越しに見ること+判断をしましょう。

判断の方法は下にまとめてあります。

スクリナーのポイント

・セット

よくあるミスは図のようにスクリーンをかける人を見つけられていないことです。

スクリナーは必ずスクリーンをかけるディフェンスを見つけてスクリーンをかけましょう

・サイン

カットしているのかスクリーンなのかがわかりづらいためサインを活用しましょう。

グーで手を上げるとスクリーンというサインになります。

・角度

スクリナーはユーザーに行かせたい場所を基本的には背中にしてスクリーンをセットします。

攻略方法

これはあくまでこういった方法もあるというものであって必ずしも正解ではありません。

自チームや相手のサイズや能力の差によっても判断は変わります。

ダウンスクリーン 版

かかった場合

ストレート

VSチェイス(後ろから追いかけてくる場合)

カール

VSショウ&リカバー(オーバー)

スリップ

VSアンダー

フレアー バックカット

VSスイッチ

ロールへパス

アングルチェンジ(ロールに入らなかった場合)

クリアアウト(ユーザーがドライブできると判断した場合)

VSトップロック(先読み)

バックカット、リジェクト

バックスクリーン版

かかった場合

ストレート

VSチェイス

ストレート、カール

VSショウ&リカバー

スリップ

VSアンダー

フレアー

VSスイッチ

ロール

VS先読み

リジェクト

フレアー

かかった場合

ストレート

VSチェイス

カール

VSショウ&リカバー

スリップ

VSアンダー

ポップ

VSスイッチ

スリップ

VS先読み

リジェクト

まとめ

今回はオフボールスクリーンの種類とポイントを紹介していきました。

ディフェンスに応じて様々な判断をするのは難しそうですね。

しかしオフボールスクリーンをチームでマスターすればオフェンスの幅は広がります。

是非トライしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

清水太一

プロバスケットボールコーチ
◆経歴
立野ミニバス→石神井西中学校→八王子高校→日本体育大学
◆現在
育成年代をメインにバスケットボール指導。動画編集やWeb制作の依頼も受けているのでお気軽にご連絡を!
TikTok1.4万人フォロワー!
Twitter、インスタ、YouTubeも要チェック!!

Follow Me !
オフェンスコーチスキルバスケ
スポンサーリンク
この記事をみんなにシェアする
Follow Me !
太一のバスケ部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました